なぜ指導するのか

私たちの指導者育成クリニック(Coach Education Clinics)では、なぜ(Why)、どのように(How)、何(What)を指導するか、に焦点をおき行われます。現在の指導者に必要なことは、自身の答えや知識に固執したり、すべての問題に解答を与えるべきではない、ということを理解することです。将来の選手を育成するのであれば、それは、指導者に依存したり指導者と同レベルの選手ではなく、より良いディシジョンメーキングや問題解決ができる選手を作り出すことです。

このWHY(なぜ)のセクションでは、以下の要素を探っていきます。

  • 指導者の役割についての理解
  • 指導者に必要な知識についての理解
  • 指導者に必要なスキルについての理解
  • 自身の指導理念とは何か?
  • 自身はどう見られたいか?

これらの5つの鍵となるエリアのための対話式のワークショップを行い、なぜ指導するのか、伸ばしたり構築する必要のあるエリア、そして指導者としての役割とイメージを作り上げるため、自身の信念と価値を見出し、サポートし、伸ばす手助けをします。

各セッションは、事実や調査、経験に基づく参加者自身の古くからの信念に疑問を持たせるようにデザインされており、将来の選手をサポートするための源や知識のツールボックスを備えた新世代の指導者に変化する文化を埋め込むため、私たちは共に取り組みます。

過去何世代において、選手のアビリティや可能性は、指導者の知識や経験により限定されてきました。フューチャー・コーチ・エデュケーションプログラムは、選手のことを第一に考え、常に変化する試合での要求に見合うスキルや知識、創造性や自信を彼らに与えることのできるコーチのために作られています。