指導方法

私たちの指導者育成クリニック(Coach Education Clinics)では、なぜ(Why)、どのように(How)、何(What)を指導するか、に焦点をおき行われます。現在の指導者に必要なことは、自身の答えや知識に固執したり、すべての問題に解答を与えるべきではない、ということを理解することです。将来の選手を育成するのであれば、それは、指導者に依存したり指導者と同レベルの選手ではなく、より良いディシジョンメーキングや問題解決ができる選手を作り出すことです。

このHOW(どのように)のセクションでは、以下の要素を探っていきます。

  • 指導者の理念は、可能な限り「実戦を想定している」
  • 選手たちが自身の能力を十分発揮できるような、積極的な学習環境を作り出す
  • 4コーナーモデルのガイドラインを利用し、一人一人の選手の必要な面を伸ばす
  • 様々な指導スタイルと関わり方を使う
  • 選手がどのように学ぶかを理解する
  • セッション中での選手の主体性と責任の与え方
  • 各セッションでのプレータイムを最大にする方法
  • 学習とレビュー、復習の時間内のまとめ方
  • 選手をリードし、取り組ませ、熱中させ、感化させる方法

これらの鍵となるエリアのため、対話式のクラスと実践のワークショップを行い、ベストな練習モデルと実例を提供し、参加者それぞれの指導理念に基づいた自身の優先するべきことをさらに発展させることを目的としています。

将来の選手をサポートするための源や知識のツールボックスを備えた新世代の指導者の文化を発展させるために、私たちは共に取り組みます。

未来の優れた指導者は、選手を、そして一人前の子供を育成するスキルを持つことです。フューチャー・コーチ・エデュケーションプログラムは、それぞれ全ての選手に見あった育成をできるコーチのために作られています。