トランジション(切り替え)の原則

3日間のキャンプでは、すべての戦略や戦術の理解ができるようになるプレーの主な局面に焦点を当てられます。すべての選手は、試合の理解を深めるため、練習中や試合中にこれらの原則がどのように彼らのディシジョン・メーキングに影響するかを理解する必要があります。

キャンプでのコーチングセッションは、ボール保持時と保持時外二つのシチュエーションと、プレーの切り替えを認識し対応できる能力、これらに必要な技術的戦術的知識の理解を均等に習得できるよう組み立てられています。

試合での切り替えは、チームがボールを取り返すか、相手に取られた時に起こり、この切り替えに費やすべき6秒間に焦点をおきます。攻撃または守備の原則への素早い切り替えを実行もしくは認識する、この6秒でのチームと個人の反応が、今の時代の試合で生命線となるのです。

試合状況の認識、ディシジョン・メーキング、積極的な発想、ファーストプレーヤーアクション(1番にアクションを起こす)、ファーストユニット/ファーストチームアクションを通して、

  • 切り替えのスピード
  • 攻撃 / 守備の戦略を取り込む
  • チームバランス
  • ゲームの管理とゲームインテリジェンス

に焦点をおきます。

キャンプでの技術的な練習内容はフューチャープレーヤー育成の伴となるエリアとして見られるこれらのプレーの原則に基づいています。

素早い攻守の切り替えが現代の試合では伴となっており、守備の早い再構築とスピードで相手を負かすことができるチームはここが他と違うのです。

Transition Defending Attacking