Defending

3日間のキャンプでは、すべての戦略や戦術の理解ができるようになるプレーの主な局面に焦点を当てられます。すべての選手は、試合の理解を深めるため、練習中や試合中にこれらの原則がどのように彼らのディシジョン・メーキングに影響するかを理解する必要があります。

キャンプでのコーチングセッションは、ボール保持時と保持時外二つのシチュエーションと、プレーの切り替えを認識し対応できる能力、これらに必要な技術的戦術的知識の理解を均等に習得できるよう組み立てられています。

試合では、ボールを保持していない時、3つの局面があります。プレスをしている時、プレーを遅らせる/妨げる/ 守備陣形を整え動きを支配している時、そして緊急に(取り急ぎ)最も危ないところを守る時です。

試合が進むにつれて、局面は次々と素早く変わります(相手がプレスから外れた時、ボールへのプレスが、遅らせ、妨げ、動きを支配する局面へ移行する、など)。
どの局面においても、ボールを取り返した場合は、すぐに攻撃への素早く移行させます。

ボール保持外は、シンプルな守備原則に焦点を絞る:
個人としての責任、ユニットまたはチームでのプレス、遅らせ、妨げ、動きを支配し守備をする

キャンプでの技術的な練習内容はフューチャープレーヤー育成の伴となるエリアとして見られるこれらのプレーの原則に基づいています。

効果的に守備をするためには、選手全員がそれぞれの役割と個々の技術と戦術における責任を理解した上で、ボールを取り返すためチームとしてコントロールされ積極的なアプローチを見せるべきです。

Transition Defending Attacking