Attacking

3日間のキャンプでは、すべての戦略や戦術の理解ができるようになるプレーの主な局面に焦点を当てられます。すべての選手は、試合の理解を深めるため、練習中や試合中にこれらの原則がどのように彼らのディシジョン・メーキングに影響するかを理解する必要があります。

キャンプでのコーチングセッションは、ボール保持時と保持時外二つのシチュエーションと、プレーの切り替えを認識し対応できる能力、これらに必要な技術的戦術的知識の理解を均等に習得できるよう組み立てられています。

焦点を置く5つのボール保持時の試合での5つの伴となる局面は、スペースを作る、ボールから離れたところでの動き、サポート、創造性と切り込みです。

それぞれの局面は、相手の守備が「バランスが取れている」または組織されコンパクトな守備にリカバーしている時の、個々とチームの理解と認識に依存しています。また、守備側が「バランスが壊れていて」組織されていない時にフルに活用されます。

ボール保持時には、シンプルな攻撃原則に焦点を絞る:
個人としての責任、ユニットまたはチームでのスペース作り、スペースの維持と活用

キャンプでの技術的な練習内容はフューチャープレーヤー育成の伴となるエリアとして見られるこれらのプレーの原則に基づいています。

効果的に攻撃するためには、前に進み相手に切り込む正しいタイミングを計りつつボールをキープすることを目的とするべきです。ボール保持とプレーの組み立て、カウンター攻撃と最終サードエリアでの創造性に焦点を置きます。

Transition Defending Attacking