試合を想定した練習

3日間のキャンプでは、すべての戦略や戦術の理解ができるようになるプレーの主な局面に焦点を当てられます。すべての選手は、試合の理解を深めるため、練習中や試合中にこれらの原則がどのように彼らのディシジョン・メーキングに影響するかを理解する必要があります。

キャンプでのコーチングセッションは、ボール保持時と保持時外二つのシチュエーションと、プレーの切り替えを認識し対応できる能力、これらに必要な技術的戦術的知識の理解を均等に習得できるよう組み立てられています。

セッション・フォーマットの重要性は、技術練習、スキル練習、試合を想定した練習やテーマ練習を元にした進歩的な働きかけとともに、一貫したコーチング理念を基盤としています。

技術的な練習は非対戦型で、運動スキル / 協調運動力を伸ばし、習得できたらそれらの構成要素を組み合わせ、自信をつけさせます。
スキル練習は対戦型とし、判断力が必要となる制御された環境の中で、タイミングや方法(いつ、どこで、どのように)の理解をさらに深めていきます。
試合を想定した練習は、直接の対戦型で、セーフゾーンやフローター、ターゲットプレーヤーなどを含む様々な人数、個人やチームでのチャレンジ、ゴールへの様々なメソッドなどで構成されます。
テーマセッションは、以上の全てを組み合わせ、ボール保持時、保持時外、トランジションなどの局面に焦点を置いて行われます。

全ての練習は選手のために特別にデザインされており、選手一人一人に必要なものに注意を払い、それぞれのセッションで全ての選手が成長するための適切なチャレンジを与えるよう組み立てられています。

Attacking Defending Transition