FUTURE PLAYERS プログラム

Soccer Educationキャンプでは、選手の身体面、技術面、戦術面、心理面そして社会性、それら全体の向上を目標としています。 THE FUTURE PLAYERSプログラムでは、これを【4コーナー・モデル】として知られています。

4コーナー・長期選手育成モデル

4コーナー・モデルは、若い選手が成長し試合で向上していく中で考慮されるべき要因をまとめたものです。4つそれぞれのコーナーはお互い関連しており、一つのコーナーは他の3つのコーナーのサポートがあったうえで成り立ちます。

選手育成のための4コーナー・モデルとは、若い選手が、それぞれの可能性を広げるために取り組む際に示されるべき、一連の有力な要因が示されたものです。

個人の発展への道のりがそれぞれユニークで多様であるように、この4コーナー全てにおいて、個々の選手に必要なものはそれぞれです。ある選手にはサポートの追加の必要性は最小でも、他の選手にはもっと細やかで丁寧なサポートが必要な場合もあります。

指導者は、この4コーナーそれぞれの観点は個別のものではないということを理解することが大切です。それぞれのコーナーは関連があり、一つのコーナーはその他の3つのコーナーのサポートなしでは成り得ません。よって、この4コーナー・モデルは、本当の意味で多岐にわたり、互いに依存し、互いに関連しているのです。

フューチャー・プレーヤー・育成モデル

技術面

技術的な練習と試合形式の練習は、グループ内で各個人が必要にしていることに適していないといけません。

様々なアクティビティーと選択されたポジションは、エリート・プレーヤー・デベロップメントに登録された8−16歳の選手対象です。

ポジション別の細かな練習は、17から21歳の選手に導入されるべきです。

5−8歳の子供たちは、エリート・プレーヤー・デベロップメントへの参加前にもしくは参加している間、様々な動きを元のにしたプログラムによる身体育成のサポートが必要です。

キャンプでの実施内容

攻撃と守備のプログラム
トランジションの理解
個々の選手の育成
選手の特性
試合から学ぶ
問題解決力を伸ばす
良いよりディシジョンメーキング
ピッチをものにする
プレーヤーレポートカード

身体面

身体的な成長と行動は、年代と生物学的な年齢とリンクしています。

そのため、若い選手のためのトレーニングプログラムを開発する際には、練習の頻度と厳しさ、継続期間を考慮することが大切です。

生理的成長はスキルの向上を含み、より成長した年齢のための、構造的かつ規範的で身体に適合したプログラムへ進展させます。

キャンプでの実施内容

基礎の動きの練習
ゲームでの特定の動き
パフォーマンス・システム
フィットネス・テスト
オンラインモニターと評価

精神面

成長過程の子供の精神的成長と自己概念が考慮されなくてはなりません。

これには、スポーツ行動心理が含まれ、状況、特性、個性の問題を踏まえた行動的学習と関連しています。

チームスポーツ習得の学習プログラムはこのエリアに属します。

キャンプでの実施内容

自ら学ぶ姿勢
自身の発想を増やす
自信
ミスすることへの積極的な態度
目標の設定
アンケート

全ての選手は、技術的、戦術的、身体的、心理的に優れており、選手として完全に向上するため、優れた社会的スキルを持っている必要があります。キャンプでは、常に選手育成の4コーナーモデルに焦点をおき、結果はプレーヤーレビューとオンラインレポートへ反映されます。

フューチャー・プレーヤーの特性

キャンプでは、各ポジションに必要な特性を完全に理解してもらうことを目的としています。「伝統的な」ポジションも、今では必要な時に常に役割を果たすことができる、常に動き、入れ替わることができるサッカーのアスリートたちによって変わってきています。私たちのキャンプとコーチングセッションは、基礎スキル、守備と攻撃の戦術と戦略に焦点をおいて進められ、それによって、選手たちはフューチャープレーヤーの役割をしっかり理解できるようになり、試合で常に変化する要求に対応できるようになるのです。